入試情報

研究室概要

「新たな機能や反応性を持つ有機金属化合物による次世代合成化学の開拓」を目標に、教職員・研究員10名、院生・学部生11名で学術及び基礎研究に日々取り組んでいます。 人類の未来を支えるような新反応や新物質を創り出したい人、化学の教科書に新しい項目を加えたい人、実験技術・研究能力の錬磨研鑽を目指す人、生きがいを感じられる高密度な研究生活を送りたい人、 色々なタイプの燃えている人たちが集まり、有機合成化学の新局面の開拓に励んでいます。
世界を変えるような研究を自分でしたいと思う人そんな研究者に何時か願っている人大歓迎です。

中村研究室での研究に興味をもたれた方々へ

研究室で何が身につくの?

研究室に所属して、スタッフの指導を受けているだけでは、知識や技術、研究能力は何も身につきません。実験操作を習っても、「その操作の持つ、化学的な意味は何かな?」という疑問を抱き、 「もっと効果的な方法は無いかな?」と工夫をしなければ、知識や技術は身につきませんし、研究の愉しみも半減してしまいます。日々の実験計画の立案から、反応の実行、生成物の解析、反応機構の 議論の中で、皆さんが発揮する主体性が研究を成功に導きます。有機合成化学の実験操作、核磁気共鳴分光法や質量分析法等をもちいた構造解析、量子化学計算ソフトをもちいた分子モデリングやシミュ レーション、論文やレポートの書き方、効果的なプレゼンテーションの方法、そして分子科学の基礎知識が研究活動に取り組むことで身に付きます。これらの化学研究の基本を習得した皆さんが、夢の新物 質、新反応を作り出すための第一歩を踏み出す、そのお手伝いが出来ればと考えています。

出身大学

中村研OB,OG84人中40人が京大以外出身

当研究室では,他大学からの進学者も幅広く受け入れております。
例:東京大,大阪大,九州大,北海道大,奈良女子大,名古屋大,千葉大,三重大,高知大,京都工芸繊維大,滋賀県立大,明治大,同志社大,京都薬科大,神戸薬科大

また,海外からの留学生,研究生,博士研究員も積極的に受け入れています。
アイルランド(1人),インド(3人),イギリス(3人),イタリア(1名),スリランカ(2名),チェコ(1名),中国(1名)ドイツ(1名)香港(3名)

在学生インタビュー

大場
中村研では、どのような生活を送っていますか?
基本的に、平日は朝9時に来て、夜11時に帰宅します。
土曜日月に2回Research Seminarがあります。日曜日はお休みです。
中村研を選んだ理由は?
中村先生の人柄が一番の決め手でしたね。二回生前期の有機化学の先生が中村先生で、丁寧で熱心な指導をしていただき、研究室に入ってからもぜひ中村先生のもとで研究してみたいと思いました。
三回生までの勉強と、研究の違いを教えてください。
三回生までの勉強は教科書の内容を理解して覚える事が中心ですが、研究はまだ分かってないことに取り組みます。そのため、 実験してうまくいかないこともよくありますが、1つ1つ原因を考えて、問題を解決しながら前進していきます。
研究生活で、充実感を得られるときってどんなときですか?またしんどいときはどんなときですか?
充実感が得られるのは、実験がうまくいかない原因を考えて、解決策を立てて実験が成功した時です。しんどいときは、立て続けに実験が失敗した時です。
目標とか夢とかあったら、教えてください。
将来の目標は、実験だけでなく、計算科学についても習熟した研究者になりたいと思っています。その上で従来にない新規化合物や新しい反応を見つけ出すのが夢です
最後に一言お願いします。
中村研には、本当に化学の実力を身につけたいと思う人にとって、最適な環境がそろっているとおもいます。充実した研究生活を送りたい方はぜひ中村研究室に来てください!

卒業後の進路

大学・研究所等

京都大学,東京大学,理化学研究所,九州大学,青山学院大学,CaRLa (BASF-Heidelberg University),

企業等

旭化成,NTT東日本,花王,協和発酵バイオ,三洋化成,昭和電工,JX日鉱日石エネルギー,JSR,住友化学,ダイセル化学工業,日東電工,日本曹達,ユニチカ,ライオン(50音順)